● 組合の活動

 ● インデックス
 ● エレマ協同組合とは・・・
 ● 組合の目指すもの
 ● メンバーの紹介
 ● 組合概要
 ● リンク

 活 動 目 的   砂場砂の土壌の汚染は、動物(犬・猫等)の排泄物からの回虫類及び

 大腸菌群・有害微生物群が認められて、マスコミが大々的に取り上げる

 など深刻な社会問題化しており、特に子供を持つ地域住民の不安の種と

 なっています。

  しかしながら、現在のところ幼児達が運動に遊びに利用している体育

 施設・学校・幼稚園・公園の砂場砂の汚染防止対策及びその処理技術

 に完全なものがなく、この問題を解決するための製品を開発することを

 目的としています。
現在の研究開発の
内容及び規模
  当組合ではこれらの問題を解決するために、薬剤等を一切使用せず、

 キルンとバーナーを組み合わせた装置の自動化・連続化技術を確立し、

 低温焼成の特性を活かし砂質の性質を変えることなく、低コストで完全

 殺菌を図る製品の開発を行っています。


 ・ 現在開発中装置の概要
将来の活動目標  1)技術的目標

  2次汚染の防止のため薬剤等を一切使用せず、低温焼成による殺菌・

 減菌技術と砂質の不変・安定化技術及び装置の自動化・連続化技術の

 確立を目標としています。

 
2)経済的目標

  砂場砂の土壌の汚染は深刻な社会問題化しており、特に子供を持つ

 地域住民の不安を取り除くと共に、現在最大のネックとなっている処理

 費用の低減を図ることにより、自治体を中心とした需要の拡大を目指し

 ています。


メール・問い合わせは
こちらまで