本 装 置 の 概 要
 現在、各施設にある砂場は、非常に危険な状況にさらされています。

砂場は、外部からの侵入がたやすく、各種動物の糞・死骸また飲み物のカン・ビン等の放置が

多数見受けられます。本装置は、その状況下で調査研究され、砂場の砂の再生は勿論のこと各

施設での環境に適合するよう、コンパクトに作られています。
バキューム方式と違いベルトコンベアーによる搬送のため目視できることで、大きな異物また危険な物等を
取り除く事が出来ます。
薬品で洗浄するタイプと違いバーナーで砂を一定時間過熱することで、微生物などの殺菌を行いますので廃
液等後処理がありません。
粒状のガラス等は、キルン(燃焼炉)内温度100〜200℃で回転させ鋭角部位を滑面化してしまいます。
危険性のあるガラス片や釘等は、ふるい器で選別除去します。
ふるい器のメッシュの大きさは、簡単に調節できます。
本装置の、施工前・施工後の砂の検査結果をスピーディーに、ご報告致します。
ベルトコンベアーによる搬送

砂を焼成装置へ入れる
     連続焼成

 
ベルトコンベアーで搬入された砂は焼成装置で
 加熱・殺菌されると同時に紙片・木片・動物の
 糞等は焼却されます。
ふるい器

ガラス・釘等の異物は、自動的に除去されます。
最終搬送

良質の砂が砂場に蘇ります。